ちえママのミニマル的シニアライフ

60代の暮らし・老後・年金・お金やらゆる~く語ってますます。

100均ヘアーカッターでのセルフカットの落とし穴


「固定費を少しでも削りたい!」

そんな一心で、私はセルフカットに挑戦することを決意しました。

いやいや、ちょっと大げさですね。

 

きっかけは何てことなく、YouTube

100均のヘアーカッターでね「綺麗にカットできます」ってやってたの

 

「これなら私にもできるかも!」←出来るかもって笑

そう思って、早速近くのダイソーへ。

 

店内には、色々な種類のヘアーカッターが並んでいました。

YouTubeでおすすめしてたのを迷わず買いました。

なんせ100円(税込み110円)ですから購入に迷うことはない。

 

※100均ヘアーカッター

 

家に帰って、早速もう一度YouTubeセルフカットの動画で練習。

「ふむふむ、こうやってカットするのか…」

動画を見ながら、恐る恐る自分の髪にハサミを入れます。

最初は緊張しましたが、意外とスムーズにカットできました。

「あれ?私って才能あるかも?」

 

調子に乗って、前髪・サイド・襟足とどんどんカットしていきます。

鏡を見てみると、まあまあの出来栄え。

 

「やったー!節約成功!」

私は大満足で、その日は眠りにつきました。

 

しかし、2週間後、事件は起こりました。

髪が伸びてきたら、なんだか変なことに。

毛先がバラバラで、まとまりがない。

「え?なんで?」

 

やっぱり美容師さんの技術を舐めてはいけない。

髪が伸びてもいい感じに収まっているのは技術のたまもの。

なんの技術も持たないド素人が、ちょちょっと切っていい感じに出来るわけがない。

 

ヘアスタイルにこだわりがなければ、セルフカットもいいかもしれない。

でも、グレイヘアと言えば聞こえはいいけど、ただの白髪ですから。

これにヘアスタイルまでこだわりを無くすと、もはや・・ご想像にお任せします😢

 

美容院に駆け込み、事情を説明すると、美容師さんに苦笑されました。

 

節約しようとして、かえって余計な出費をしてしまいました。

今回の経験を通して、

私はいくつかの教訓を得ました。←当たり前のことをただ書いているだけです

 

1. セルフカットは、技術と知識が必要

セルフカットは、一見簡単そうに見えますが、実は技術と知識が必要。

髪質や毛の流れを理解していないと、綺麗にカットできません。

 

2. 100均のヘアーカッターは、あくまで補助的なもの

100均のヘアーカッターは、あくまで補助的なものと考えた方がいいですね。

本格的なセルフカットをするなら、もう少し良いものを買った方がいいかもしれません。

 

3. プロの技術にはかなわない

やはりプロの技術にはかないません。

セルフカットで失敗するくらいなら、最初から美容院に行った方が、結果的には安く済むかもしれません。

でも、失敗するかどうかはやってみないとわからない・・・う~ん禅問答?

 

今回の失敗は、私にとって良い勉強になりました。

これからは、安易に節約しようとするのではなく、

本当に必要なものを見極めて、賢くお金を使っていきたいと思っています。

皆さんも、セルフカットに挑戦する際は、くれぐれも慎重に!