ちえママのミニマル的シニアライフ

定年退職後の年金・投資・家事などサマザマな話

【大阪⇔兵庫の往来規制】で吉村知事に物申す!

私は兵庫県在住です。

大阪は好きな街なので若い時からよく遊びに行きます。

迷路のような地下道も自分の庭のように知り尽くしています。

 

新型コロナウイルスの収束を目指して、

人の行動制限されることは、とても理解できます。

 

また、決断力と迅速力はリーダーとしてとても立派です。

しかし、話の内容をよくよく聞きますと、

兵庫県民と兵庫県の対策をないがしろにしていると感じました。

吉村知事の説明抜粋

往来規制する理由

全国的にも感染者が増えている中で、特に兵庫県は1人の感染者が2次感染者を生み出す平均値が1を超えている。爆発的な感染がいつ起きてもおかしくない大阪は1を超えていないが、感染者が増えていて警戒しないといけない状況だ。

国の試算では大阪と兵庫で次の7日間で感染者が586人となる。さらに次の7日間で3374人となり重症者は227人となっている。これは最悪、急速に感染が拡大すればこうなるという試算結果だ。この事態を重く受け止め、20日からの3連休、往来を控えていただきたい

事実を言う前に大阪府として言うべきことがあるのでは

・大阪は2次感染者は1を越えていない

・兵庫県は2次感染者の平均値が1を超えている

この言葉は、

「大阪は安全圏内だけど兵庫県は危ない」

言っているように聞こえました。

 

もちろん、大阪府民や兵庫県民の安全を考えての言葉だと思いますが、

大阪のライブハウスからクラスターが発生した時に、

兵庫県はクラスターに対して批判めいたことを

言わなかったと私は思っています。

 

そして、吉村知事はライブハウスでの感染者拡大を認められていません。

これはなぜでしょう。

※MBS NEWS からの抜粋

大阪では

大阪市都島区のライブハウス「Arc」

大阪市北区の「Soap opera classics Umeda」「Rumio」

大阪市中央区の「americamura FANJ twice」

の4つのライブハウスの参加者などで感染が相次ぎ、

小規模感染者集団=クラスターが発生したとみられていますが、

吉村知事は「感染拡大は抑えられている」という見解を示しました。

兵庫県での感染源の多くが、

このライブハウスからでもあることはご存知ですよね。

f:id:Freelife-chiemama:20200320204855p:plain 

ライブハウスの初期対応がうまくいっていたり、

感染拡大を本当に抑えられていましたら、

兵庫県でここまで広がることはなかったのでは?と思ったりします。

ライブハウスでの感染拡大は抑えられていなかったのではないですか?

f:id:Freelife-chiemama:20200320205015p:plain 

そのことには何も触れなくて、

数値だけで、大阪の優位性をさらっと公の場でお話はされることに、

疑念を感じました。

兵庫県への連絡

兵庫県も各市もHPで県民・市民へ、細かいところまで情報開示されています。

三連休の行動制限も私は苦痛ではありませんし、

自分自身でも、あまり出かけないでおこうと思っていました。

多分、そういう方は多いと思います。

 

その中で、三連休の前日という時期になって、

言うべきことがだったのでしょうか?

兵庫県知事に電話連絡の時間さえ惜しむ必要があったのでしょうか?

時間も無い、兵庫県知事とも折り合えない・・・

そういう切羽詰まった中での報道ではなかったのでは?と思います。

風評被害

府民に「包み隠さず情報公開することがポリシー」は結構なことです。

経済より人命が大事!

これを言われたら、もはや、誰も反論できません。

水戸黄門で言えば「これが目に入らぬか~!」

印籠!← 権力を笠に着る筋書きなので私は嫌いですが

 

だけど、困る人が本当に大勢いるのです。

皆、耐えているのです。

それに対しての言葉はありましたか?

正論が必ずしも正義ではありません。

まとめ

この記事が吉村知事に届くことを願います。