ちえママのミニマル的シニアライフ

定年退職後の年金・投資・家事などサマザマな話

トナラーにご注意を!

とても空いている場所なのに、なぜか隣に来る他人、いますよね。

電車、バス、映画館等々。

f:id:Freelife-chiemama:20200316135228j:plain

ガラガラの空間なのに隣に来る人々を「トナラー」と呼ぶそうです。

トナラーに遭遇  

私も先日、薬局でトナラーに遭遇しました。

 

新型コロナウイルスの拡大の中、風邪のため病院に行った時です。

熱は無かったのですが、咳と鼻水の症状があり、

診ていただけるのか病院に電話で確認してから、マスクを付けて行きました。

 

幸い普通の風邪でした。

病院は満員ではなく、7割くらいの患者さんがいました。

私は人と間隔を持つため、離れた場所に座りました。

 

処方箋を持って近くの薬局に行ったところ、

薬を待っている方は一人もいなくて、患者は私だけでした。

ちょっと安心しました。

 

それでも後から来られた場合、間隔をあけやすいように、

入り口からも受け取り窓口からも遠い席に座りました。

 

少しして杖をついたおばあちゃんが来ました。

おばあちゃん、なんと、なんと、わざわざ私の隣りに座られました💦

f:id:Freelife-chiemama:20200316135256p:plain

 

私、咳はしてるし、しんどそうなのに・・・

椅子は他にいっぱいあるのに、なぜに私の横に来るのか?

おばあちゃん、リスク管理無さすぎです!

理解に苦しみます。

 

そして、この行動がトナラーです。

トナラーは年齢や男女関係なくいます。 

トナラーの心理

ワイドナショーで説明がありました。

 

説明抜粋

①毎回使う「場所」や「席」がある

②寂しがり(他人への心理的依存が強い)

③空間認識能力がない

 

トナラーさんとトラブルにならないめに

ガラガラの空間の中、横に来られるとちょっとイラっとするかもしれません。

だけど、トラブルは避けた方が無難です。

横に来られて嫌な場合は、自分から離れましょう。

それくらいの優しさを差し上げましょう。

自分がトナラーにならないように 

他人事だと思っていたら、実は自分はトナラーかも?と思い当たる場合

今後はすこ~し、気を付けましょうね。

新型コロナウイルスの事もありますし、

かつ、人間も動物ですから「パーソナルスペース」が必要なのです。

※パーソナルスペース

他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリア対人距離とも呼ばれる。

一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、

社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。

まとめ

今は人と人が助け合うことが大事だと思います。

だけど、必要以上に近づくことは避ける必要があるという、

矛盾した状況になっています。

困難な時代ですが、助け合いたいですよね。

隣に来られたら離れるのは辛いですが、

お互いのため!頑張りましょう!