ちえママのミニマル的シニアライフ

シニアの年金・投資・家事について体験談からの話

人は見た目が大事

半袖はもう着れない、あれ~私、去年何着てたんかな?

同じ思いの方、いらっしゃいますよね。多分😂

仕事に行くことが無い今、もう、トレーナ-とパンツがあれば過ごせちゃうの。

いいのか、それでいいのか‼

老若男女で共通して言えること、それは「見た目が大事」なんですよね。

同じおばちゃんでも、優しくて小汚い人と意地悪で小綺麗な人であれば、

小綺麗にしている方が最初は好感を持たれやすい。そういうこと。

あっ、綺麗だったら意地悪でもいいということではないですよ。当たり前やけど💦

シニアのファッションの基本

清潔感です‼

これが一番で大事です。

清潔と感じる3条件

髪型

ショ-トでもロングでも放置はだめです。

適宜に美容院にいって手入れがお勧めです。

シニアになればショ-トにしている方が多いと思います。

ショ-トは形が大事です。

ご自分にあった髪型がわからない場合は、

美容室のスタイリストさんに相談されるのもいいですよ。

 

ちなみに夏場で無い限り汗もほぼかきませんから、毎日洗髪する必要はありません。

 

どんな洋服がいいの

ブランド物や値段がお高いからいいということではないです。

また、私、太ってるし、または痩せてるし・・・

ということで諦める必要もありません。

体系をカバーしてくれる着こなしがあります。

そして、そういう服はユニクロやGUでリ-ズナブルなお値段で買えます。

 

「足元を見る」という言葉があります。

現代では人の弱みに付け込むというような意味で使われますが、

いい服を身に着けていても、汚れていたり傷がついている靴を履くのは良くないですね。

少なくても軽くみられます。要は舐められるということです。

別に他人にどう見られてもいいちゃ、いいのですが、何か発言をする場所であれば軽く見られないことが大事です。

 

黒やグレーは止めよう

若い人は暗い色もその若さが持つエネルギーでカッコよく着こなせます。

でも、高齢になると余計に暗くなり不健康に映ったりします。

極力、綺麗な色を身に着けていく方が着ていても楽しいですし、健康的に映ります。

 

全体のバランス

私は帽子やスカ-フが好きです。

こういう小物は役に立ちますよ。

無地な服が好みの場合、小物で華やかにできますし。

服が華やかな場合は、反対に小物は色彩は落ち着いた色がいいですね。

こういう感じで全体のイメージを自分で楽しめるのもファッションの醍醐味かな‼

 

自分にあった店を持つ

若い人用の店舗って、サイズが小さいところが多いです。

Lサイズでも全然「入ら~ん」というのはおばちゃんあるあるです( ;∀;)

なので、まず、自分の好みと若さを保ちたいという気持ちがある方には、その気持ちを満たしてくれる店探しが必要です。

怒られるのを覚悟で言いますと・・・

「この店の服に手を出したら、もうおばちゃん街道まっしぐらやな」という店での購入は止めておきましょう。

 

通販で服を購入する場合の注意

楽天、ヤフーにも、いいなぁって思う服がいっぱいあります。

でも、実際に届くと思っていたものと違うことはままあります。

布の質が悪すぎる、デザインがモデルさんのものと違う、腕の長さが短いetc

そしてほぼ○ャイナです。

今や○ャイナは当たり前ですから驚きませんが。

 

ここで注意は返品が出来ることが大事です。

店によっては返品不可というところや、郵送料がバカ高いところがあります。

通販を利用する場合は、ここを確認してくださいね。

 

まとめ

さぁ、私も今年の秋冬の服を準備をします。

全国展開している店舗でいいものがあればご報告出来るのですが、

地域限定だと・・・役に立たないかな~。

せっかくですから楽しみながらこれから到来する季節を乗り越えましょうね。